車の部品と備品の種類特集!

}PgžxQ車には購入時からたくさんの備品が用意されています。備品については年々進化して、小型軽量化が図られています。特に進化しているのがタイヤ関連の種類です。運転においてタイヤといえばパンクが心配になりますが、パンクのしにくいタイヤが開発されているとはいえ、パンクがなくなることはありません。ただし、現在は以前と違い補助タイヤが付いていいない事が増えています。補助タイヤはガソリンスタンドや修理工場まで移動させるためにパンクしたタイヤの代わりに備え付けられている事が多かったのですが、燃費や居住スペース確保のために用意されなくなってきています。代わりにパンク修理剤が準備されてきています。パンク修理剤はパンクしたタイヤに吹きこむことで内部で特殊溶剤が膨らみ、ある程度の距離であればパンクしたタイヤで走行ができるというものです。パンク修理剤はタイヤのサイドが切れていなければ殆どの場合走ることが可能です。ただし、内部で特殊溶剤が膨らむため、通常のパンク修理はできないことが多く、タイヤの買い替えとなることが多いようです。また、タイヤのサイドが切れるなど大きめの穴や切れ込みの場合は溶剤が漏れるために利用することができません。