自動車ガラスの種類特集!

自動車に採用されているガラスは、安全性やデザイン性など、様々な要素が求められます。最近のクルマはリアガラスにダーク色が配色され、外から見えにくくしたり、直射日光を避けることができるようになっていることが多いですが、フロントガラスは法律上、色を入れることができません。

そのために直射日光が差し込み、暑くなったり、紫外線が気になる人も多いようです。紫外線が当たると、日焼けしてしまいますし、皮膚がんなども怖いですからね。だからといって、夏の暑い日に長袖を着るのも大変です。しかし、紫外線を配慮したUVカットガラスを採用しているクルマもあります。

このガラスの特徴は、紫外線が車内に侵入しないようにシャットアウトするということです。これにより、皮膚がんの発生原因となる日焼けを防止することができます。また、この紫外線カット機能は、肌の健康だけでなく、車内に使われている内装材などの劣化を防ぐ役割もあります。さらに紫外線をカットするだけでなく、熱線も吸収しますので、車内の温度上昇を抑える働きもあります。

このような特殊なガラスを採用しているクルマは多いですが、すべてのクルマで採用されているわけではありませんので、クルマを選ぶときのポイントの一つとすると良いでしょう。

最近の投稿