自分で防げる速度超過と盗難!起こってからでは遅いと言われるワケ

card01_l自動車を利用していく上では様々な危険が伴うものですが中には自分で準備をしておけば簡単に防止できるものもあります。例えば速度超過による交通違反です。見通しの良いスピードの出やすい道路などで警察がスピード測定を実施して速度違反で捕まってしまう事があります。スピード超過は危険な事ですので違反である事は仕方ないのですが、高額な反則金もバカになりません。事前に車にレーダー探知機を使用して備える事でスピード測定を予測する事ができます。実際に測定をするような道路で違反をしないで済むのですから周りの安全にも役立ちます。
また日本では車の盗難はあまり深刻に考えられるほど多発していませんでした。狭い国内ですから、どこかでいつかは見つかってしまうと考えられていたからです。しかし現在では盗んだ車を直接海外に運び出して転売するルートができている為、高級車が集中的に狙われて盗まれる例が多発しています。しかし海外では普及している警告音が鳴る盗難防止装置はあまり使われていません。センサーが衝撃・振動・音等の異常を感知し警報音を発する警報装置はぜひ付けておきたいものです。海外では高く売れるので大衆車でも狙われる可能性はあるのです。

最近の投稿