アンダーステアが出やすい

FFの車は最近非常に多くなっております。理由はエンジンから駆動回りがコンパクトになり製造コスト削減にもなるからです。部品の小型化は重量削減にもなりますし非常にいいことですが、一点ハンドリングにはどうしてもアンダーステアが出やすくなってしまうことが多くあります。それは車体の重量配分に大きく関係します。車体の中で重量のかさむもの、それは、まずはエンジン、そして変速機ですがその両方がFFの場合どうしても前方方向に陣取ってしまいます。エンジンから前輪を回すためなんですが、それが大きくアンダーステアの原因になってしまいます。コーナーでは車前方がどうしても外にもっていかれてしまいます。アクセルを吹かしてもタイヤは空転するだけでかえってグリップ力をなくしよりアンダーステアにもなってしまいます。FRの場合はアクセルを吹かすことにより車体の向きをコントロールすることが可能ですがFFではそれがかないません。FFでアンダーステアを抑えるように走るにはコーナー手前で十分なブレーキングです。ブレーキングで前輪に加重を掛ければタイヤの摩擦力は増え外に押し出される力にまさり、ずるずる外に膨らむことが回避できます。車体前方を浮き上がらせますとなおアンダーステアーが顕著に出てしまいます。

最近の投稿