特徴について

FFはフロントエンジン・フロントドライブの略であり車の前方にエンジンがあり、駆動輪が前輪のことをさします。
この駆動方式の特徴としては重たいエンジンがある前輪が駆動輪となっているので、効率よくタイヤに力を加えることができるので走行の安定性が高いという特徴があります。
また、タイヤに荷重がかかりやすいので雨や雪道でもグリップしやすく走行しやすいという特徴があります。

後輪を駆動させることがないため、後輪を駆動させるためのプロペラシャフトが必要なくなるため車内の空間を広く取りやすく、また部品の点数が少ない分だけ車の重量を減らすことができます。
車の重量を減らすことができるということは、その分だけ燃費を良くすることができます。

しかし、利点だけではなく駆動と操舵を前輪で同時に行うことにより曲がりにくくなってしまうといった、運動性能が他の駆動方式と比較して劣る傾向にあります。
大出力の車に向かない方式でもあるため、パワーのある車が少ないというのも欠点のひとつになっています。
そして、前輪の切れ角を大きくとることができないため小回りが利きにくいというのも、フロントエンジン・フロントドライブ方式の欠点の一つになっています。

最近の投稿