スムーズな進行

スムーズな進行を心がけることは、人も車もいたわることに繋がります。急発進はやめてゆっくりとアクセルをふかしていくと、非常に滑らかな走行を持続できます。止まる時にも徐々に速度ダウンしていくと、車のエンジンストレスを解消し、タイヤの摩耗も極力弱めます。何より乗車中の人ががくんと前後にぶれず、幾度となると気分も悪くなって降りたいとはなりません。長いドライブや高速道路では追い越しのために何度も車線変更をするようになると、車体の揺れも酷くなりますので、よほど前方に遅い車がない限りは同じ車線を保ちたいものです。速度も上げたり下げたりせずに、状況を見て判断するのは大切ですが、なるべく一定にする方がスムーズな走りになります。カーブでは小さくカットせずに大きく道路脇に沿って切っていくと、とても楽な運転をイメージできます。特に山道でカーブが連続するような場合でもこの方法を心がけておくと、ドライバーも同乗者も疲れません。狭いスペースへの車庫入れにも、止まった状態にハンドルを切る末切りは避けて、少しずつでも動かしながらハンドルを切るようにすると、タイヤの微妙な減りを防御できます。何気ないちょっとした心使いで、エンジントラブルやタイヤの極端な摩耗を防ぎ、車寿命を延ばせます。a0002_004006

最近の投稿