プライバシーガラスの特徴とは

プライバシーガラスの特徴とは、外からは中が見えないあるいは見えにくいように、黒めのフィルターのようなものを貼っているガラスのことです。フロントガラス以外はすべて中が見えないようにしていることもあり、他車からは中が見えないということで干渉されたくはないという意識の表れと見ることもできます。
しかしながら、真後ろからもプライバシーのガラスを貼った車両の前の車が見えないとなると、渋滞しているのかが分からない場合があったり、あるいは車間距離が取りづらくなることもあり得ます。つまりそのプライバシーのガラスにしている車両はいいかもしれませんが、他車からは迷惑な場合があります。さらにそのプライバシー優先にしたガラスなどを使用する車両は、大抵の場合高級車であったりあるいは一般のセダンなどではなく、ワンボックスカーなどであったりします。
このように、一般の人が乗るような場合にはこうした車両を乗ることはあまり想定されておらず、また他人から見られてもそれほど困るような自動車はほとんどないために、問題にはならないと言えます。
よく警察車両などで犯人を護送するときなどにこうした車両を使用したりしますので、一般車両でこうしたガラスを使用している車両からは車間距離などを十分にとって走るようにした方が無難です。

最近の投稿