ミッションオイルの役割とは

自動車には必ず付いているものの一つが、トランスミッション、通称ミッションです。ミッションとはどんな役割を果たしているのでしょうか。自動車がエンジンで動いていることは、誰でも知っていると思いますが、エンジンと車軸の間で動力を伝える役割を果たしているのが、ミッションです。ミッションには大きく分けて2つの形式があります。マニュアル・トランスミッションとオートマチック・トランスミッションの2つです。マニュアル・トランスミッションは言葉とおり、マニュアルでギアをシフトアップ、シフトダウンして運転します。オートマチック・トランスミッションは自動的にギアのシフトアップ・ダウンを行います。ミッションの内部には、数多くのギアが複雑に配置されています。ミッションの内部は、ミッションオイルで満たされています。ミッション内部を完全にオイルで満たすことで、走行することでギアボックスから発生する熱を取り、強い力のかかるギアの摺動面をオイルで保護し、ギアが削れて発生する切りくずがギアを痛めないようにしています。ミッションは非常に重要な自動車部品であり、ミッションの機能を保つためにも、車ごとに定まった走行距離で、オイルを交換することが必要になります。排出されたオイルを見ると、変色していたり、大量の金属の切りくずが含まれていることがあります。これはオイルがちゃんと働いてミッションを保護した証になります。

最近の投稿