メタノール自動車を買うメリットとは

近年、自動車から排出される排気ガスによる大気汚染や地球温暖化等の環境問題問題視されていますが、アルコールの一種であり、天然ガスの主成分である石炭や木材等、いろいろな資源から製造可能な燃料メタノールを燃料として走行するメタノール自動車は、ディーゼル車をベースにして改造したディーゼルタイプとガソリン車をベースにして改造されたオットータイプの2種類があり、どちらのタイプも黒煙や粒子状物質(PM)等の有害物質を殆ど排出しないことや、窒素酸化物(NOx)排出量もディーゼル車の半分となっているので地球環境への負担が少なくて済むので地球環境にも優しいことや、エコカー扱いとなるため税制面でも優遇される等のメリットがあります。運転性能に関してはディーゼル車やガソリン車と違和感もなく、スムーズな運転が可能となっています。また、燃料であるメタノールの補給に関しては、メタノール供給設備やエコ・ステーションで補給することができます。エコ・ステーションに関しては既設されているガソリンスタンドやLPGスタンドに併設することによって各施設のサービスを共有することができるので経済性や利便性にも優れるというメリットがあります。

最近の投稿