車の省エネ環境対策とは?国の施策と個人の意見

国は環境対策のための二酸化炭素削減や、エネルギーの効率利用などの省エネを推進しています。日本のエネルギー消費量の推移は、運輸部門、産業部門、住宅・建築物部門に分けてみると、過去20年の増加が著しいのが住宅・建築物部門で、gf0640255783l運輸部門は微増し、産業部門は減少しています。したがって、国は、住宅・建築物部門の消費エネルギーの削減を最も重点的に行う施策を策定しています。政府・国土交通省は”エネルギーの使用の合理化に関する法律” において、乗用自動車、貨物自動車等のエネルギー消費効率の向上を図ることを定め、 エネルギー消費効率すなわち燃費の改善が求められています。また自動車メーカー及び輸入事業者は、目標年度まで に、自動車の燃費を基準値以上にするよう、燃費性能の改善が求められています。また、一般の自動車ユーザーが燃費の優れた自動車を選択できるよう、燃費値に関する表示義務を課しており、商品カタログ等に表示されています。当然ながら、どの自動車を選ぶかは、個人の意見が尊重され、ユーザーはエネルギーの使用の合理化の必要性を理解し、自動車メーカーによる燃費値の改善を注視しながら、自らの判断で車種選びをすることが重要になり、個人の責任はいっそう重くなったと言えます。

 

最近の投稿