【車における役割】レーダー探知機の重要性

レーダー探知機は、速度の取締りを行なっている装置のレーダー波や緊急車両の無線を探知して、それを知らせてくれる役割があります。警察がスピード違反の取り締まりを行なっていたり、オービスが設置されている地点を教えてくれ、その取り締りにより捕まることを防ぐことが出来ます。

公道などの走行では、スピードを出せる速度が決まっており、その速度からプラス10km程度であればギリギリセーフですが、それ以上となる確実にスピード違反となります。実際にスピード違反で捕まると罰金が科せられ、それだけでなく点数減点となり、ゴールド免許の場合、それを返上することとなります。

特にゴールド免許であると保険料が安くなる特典が付いていることもあり、それがなくなることで保険料が高くなってしまいます。そのため、スピード違反で捕まる損失は計り知れないです。

なおレーダー探知機には、常にレーダーの受信を行なっていることで安全運転にも貢献する場合があります。例えば、パトカーや緊急車両が近づいた時などにアラームなどで教えてくれることで、スピードの出し過ぎに注意して、安全運転を心がけるようになります。

他にはカーアクセサリとしての機能も存在し、自動車の現在の走行状態を教えてくれたりするため、便利で楽しいツールとしても活用できます。

最近の投稿