日々進化しているレーダー探知機とは?技術の進歩

レーダー探知機は、速度取り締まり装置から出ているレーダー波や、緊急車両の無線などをキャッチして通知する探知機です。速度違反は交通違反で最も多く、事故に繋がる危険性が高いために警察の取り締まりも厳しく罰金も高く取られます。レーダー探知機があれば、思わぬスピード違反を防ぐことができるため、安全運転の必需品となっています。
速度取り締まり装置にはレーダー式、ループコイル式、移動式など多くの種類があり、それぞれに特徴や性能が違います。それらに対応できるようレーダー探知機も日々進化して多くの種類が市販されるようになりました。
取り締まり装置は、レーダー波によって走行中のスピードを計測し、違反していた場合にはその前方にある赤外線方式のカメラで当該車両を撮影するシステムになっています。従来のレーダー探知機はこのレーダー波をキャッチすることができました。しかし近年ではレーダー波を使用していない機種が多くなり従来の探知機ではキャッチできなくなりつつあります。
そこで最新型の探知機では、これらの取り締まり機が基本的に固定型である事に着目し、設置されている位置情報を予め探知機内にインプットしておくことで、内蔵したGPSアンテナで自車位置を測定、近辺にある取締り機を発見する「GPS付きレーダー探知機」になっています。もちろん従来のレーダー波も検知してくれるのでより高性能になっていると言えます。

最近の投稿