エンジンオイルの役割とは

クルマの心臓と言えばエンジンです。エンジンがいつも活発に動いている限り、そのクルマはいつまでも乗ることができると言っても過言ではありません。しかし、どんなに買ったばかりの新しいクルマであっても、エンジン内部を掃除していないと、エンジンの調子は日に日に悪くなっていくことでしょう。

エンジン内部の汚れを取り除く役割があるのがエンジンオイルです。このオイルがエンジン内部にある汚れをからめとるようにして除去していきます。このオイルは多く走れば走るほど汚れがたまっていきますので、定期的に交換する必要があります。一般には6000キロごと、あるいは半年ごとに交換すると、エンジンをいつもベストなコンディションに保つことができると言われています。

また、オイルには種類があるので、クルマに合わせてオイルを選ぶ必要があります。純正オイルを使っていると安心ですが、スポーツオイルや燃費を良くするオイルなど、個性的なオイルもいろいろ販売されていますので一考の価値があるでしょう。

さらに、オイルを交換する際、2回に1回の割合でエレメントも交換する必要があります。エレメントを通るとき、オイルでからめとった不純物を取り除くことができます。

最近の投稿