ドライブ情報!十津川郷を120%楽しむには

}PgžxQ十津川郷は日本一大きな村として知られており、道の駅「十津川郷」は当村のほぼ中央に位置するオアシスとなっています。源泉かけ流しの温泉があり、特産品の販売や喫茶コーナーなどもあります。また、「むかし館」では当地の先人の暮らしぶりが分かる資料なども展示されており、伝統民具等が当時の歴史を物語っています。特産品コーナーでは、十津川清流で取れたアマゴの甘露煮などが人気で、エリンギやしめじなどの山の幸も豊富にあります。また、北海道の新十津川村の物産も販売されています。新十津川村は十津川村が昔洪水になった時に移住してできた村で、現在まで交流が続いています。温泉は熱めで周囲に硫黄の匂いが漂っており、足湯も楽しめます。
「十津川郷」の他にも、近くに温泉地温泉の「滝の湯」があります。十津川村役場の対岸に位置しており、男女別の内湯と滝を眺められる露天風呂があります。休憩室も2部屋あり、入浴の疲れを癒やす場所となっています。当地のもう一つの観光スポットとしては、歴史博物館があります。明治の洪水の歴史や当地出身の著名人にまつわる品々が展示されており、十津川村が明治維新において果たした役割なども知ることができます。合わせておでかけスポットになっているのが谷瀬の吊橋で、高さがあるので美しい景色と同時にスリルも味わえます。

 

最近の投稿