デメリットについて

FF車はフロント側にエンジンを搭載し、前輪を回転させることによって進行する自動車です。
この駆動方式は比較的安価かつ、スピンしづらいという特徴があるのですが、それと同時にいくつかのデメリットがあります。
まず最初に挙げておきたいこととなるのが、フロントタイヤに対して大きな負担がかかるということです。
例えば後輪を回転させて進行するFR車の場合、フロントタイヤはかじ取りとしての役割だけをにないます。
4WDの場合もフロント・リヤの両方に対して負担が分散するのですが、FF車の場合は回転しているタイヤを動かすことで方向転換をするわけですから、非常に大きな負担がかかってしまうのです。
そのため走行時に過大な負担がかかるスポーツ目的にはあまり向いていないと言わざるを得ません。
次に、フロント側に対してだけ大きな荷重がかかっているということも構造上の短所であると言えます。
フロント時に荷重がかかっているため、カーブをする時には荷重がかかっているフロントが中心となってリヤを振ることになります。
そのためカーブ時にはコーナーの外側に流されやすく、同じサイズの4WD・FR車と比べると小回りが利きづらくなってしまうのです。
FF車なりのメリットがあることも確かですが、それと同時に短所となるポイントもあるのです。

最近の投稿