デメリットもある

長所が多く実用車向きのFF(フロントエンジン・フロントドライブ)ですが、もちろんデメリットもあります。
FF方式の車は、駆動力と旋回力を同時に前輪が負担するために、様々な問題が発生するのです。
まず、スピードの出し過ぎで曲がりにくくなるアンダーステア傾向と、スピードを落とすためにアクセルペダルを戻したときなどにハンドルを切った方向に急激に曲がってしまうタックイン傾向が強くなります。
さらに、構造上旋回半径が大きくなってしまい取り回しが悪くなりがちでもあります。
その結果、他の駆動方式と比べると曲がるのが難しいというデメリットが発生します。
また、強い加速時にハンドルを切っていないのに車が曲がろうとするトルクステア現象が起こりやすいというデメリットもあります。このため、ハイパワー車ではFF方式は採用されません。
高出力・大車重の大型車にも向きません。
それから、エンジンの振動が不快だという点もデメリットと言えるでしょう。乗り心地を重視する場合にはやはり気になってしまいます。
このように、FF方式にも様々なデメリットが存在するのです。
実用車として使う場合にはどれも問題にはなりませんが、乗りやすさを考えるなら考慮したほうが良いでしょう。a0002_004326

最近の投稿