防犯再度ガラスの特徴とは

防犯再度ガラスは外側からガラスを破られて自動車が盗難されるのを防ぎます。防犯ガラスには幾つもの種類がありますが、多くのガラスは破られにくいという特徴があります。防犯ガラスは丈夫にできているのですが、重いという欠点があります。通常のガラスに比べて3重から4重もの重ねガラスを利用している場合や、ガラス単体での強度を保つため、金属物質を混ぜることも行われています。そのため、一般車両で防犯ガラスを利用する場合は燃費が悪くなったり、ドライブ性能が落ちるなどが注意点としてあります。防犯ガラスの重要については材質の開発等が行われてきていますが、強度を優先するためになかなか軽量品は販売されていません。ただし、一般家庭で利用される自動車用防犯ガラスの多くはトンカチやバールなどで破れない程度のガラス強度なので重量の問題はそれほど困った問題では無いようです。自動車用防犯ガラスについては、内側からは破れやすい必要があります。水没などで車内から脱出するためにガラスを破る必要があるためです。このため、特殊なガラス破砕道具が用意されていることもありますが、一般的には早めにガラスを下げるなどの対応が求められるようです。

最近の投稿