悪天候下での走行安定性

FFは走行安定性が高く、悪天候にも強いという利点があります。
その理由として駆動輪が重たいエンジンの真下にあることから、タイヤにトラクションがかかりやすく安定性が高まりやすくなります。
つまり、エンジンの重さがあることによってタイヤが路面としっかり密着することになり高い安定感が生まれることになります。
積雪路面などではその安定性を特に発揮することになり、後輪駆動の場合には駆動輪である後輪部分には重量物がなく駆動がかかりにくいのですが、FFの場合にはしっかりと地面とタイヤがくっつくので滑りやすい路面であってもしっかりと走行をすることができるのです。
そして、駆動輪と操舵輪が一緒であることから直進安定性が高いという利点があり、悪天候の時であっても安心して走行をすることができるのです。

四輪全てに駆動が伝わる4WDほど安定感が高いわけではありませんが、後輪駆動などと比較をすればはるかに高い安定性を誇ることになります。
また、FFの利点としては高い走行安定性にありながら、最も主流な駆動方式であり他の駆動方式と比較して車両価格が安価になりやすく、また重量も軽くなるので燃費も良くなる傾向に有るため安くて安定感のある車がほしいときに最適なものとなっています。

最近の投稿